このページのTOPへ戻る

相続放棄の手続きの期限はいつまで?

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

相続放棄の手続きには期限があります!

相続放棄の手続きは相続開始から3か月以内に。

相続放棄に強い弁護士が親身になって対応します 相続放棄の申述は3か月以内のお手続きが必要です

相続が発生すると、被相続人の財産は遺言や遺産分割協議が成立していない場合、可分のもの(金銭的に分けられるもの)については法定相続分で分割され、そうでないものについては相続人間で共有(法律的には準共有)することになります。

もっとも、被相続人において負債(-の財産)が+の財産より多いような場合があり得ます。そのような時に、相続人としては相続を行うことで借金を負ってしまう場合がありあえます。そういった偶然による不利益を避けるために、法は相続放棄、つまりは相続人が相続をしない旨を宣言する、という手続きを準備しています。

ただし、いつでも相続放棄をできる、としてしまうと当該財産(債務)の帰属がいつまでも不透明、ということになりかねません。そこで民法は915条1項で相続人は「自己のために相続の開始があったことを知ったときから三箇月以内」に相続の放棄をしなければならない旨を規定しています(熟慮期間)。

相続放棄については、家庭裁判所にその旨の申述をする必要があります(民法938条)。単に相続人に対して「相続を放棄する」と明言すればいいわけではありません。

限定承認の場合と異なり、財産目録の作成までは要求されてはいませんが、いずれにせよ3か月の間に財産調査を行い相続放棄の手続きを行うのかどうするのかを判断する必要があります。

この調査や申述を個人で行おうとすると様式や、どこから手をつけていいかわからないなどの問題があり、そうこうしているうちに3か月が経過してしまえば、相続放棄を行うことができなくなってしまいます。

このような事態にならないためにも、書類作成だけであっても、専門家である弁護士に相談する方が得策でしょう。もっとも、弁護士といっても被相続人の財産調査にはある程度の資料が必要です。その準備は連携して行う必要があります。

相続放棄手続きにおける熟慮期間伸長の申請

相続放棄手続きにおける熟慮期間伸長の申請

相続放棄手続きにおける熟慮期間は基本的には相続人は、自己のために「相続の開始があったことを知ったときから三箇月以内」に行う必要があります。

しかし、民法915条のただし書きは相続放棄手続きにおける熟慮期間の伸長を認める規定になっています。相続財産の状態が複雑で調査その他の都合上日数を要する場合には、利害関係人の請求により家庭裁判所がこの期間を伸長することができます。

このような請求にはコツが必要です。被相続財産が上記のような状態にあることを証明しなければならないため、ノウハウを持った弁護士を利用すれば相続放棄手続きにおける熟慮期間の伸長が認められやすくなり、相続放棄が認められる可能性が高くなるでしょう。

相続放棄の期限(相続開始から3ヶ月)が過ぎている方はこちら

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。