このページのTOPへ戻る

名古屋市昭和区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

名古屋市昭和区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

名古屋市昭和区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

名古屋市昭和区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

名古屋市昭和区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!名古屋市昭和区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

名古屋市昭和区で開業医をしていた父が遺した病院建物と土地、開業時の借金があるが相続放棄すべきか弁護士に相談したい。

会社員です。先日父が闘病の末に亡くなりました。65歳でした。

私の家族構成としては母と兄がいます。兄は実家のある名古屋市昭和区を離れ、遠方に住んでいます。父は亡くなった時多額の借金があったようです。

父は医学部を出て大学病院で勤務していたのですが、ある程度勤務医をつづけた後地元の名古屋市昭和区で開業しまして自分の医院を持つようになりました。

父の借金というのは開業の際の土地、建物、そして設備を調える際の借金でした。父としては医院で診療をつづけていくなかで借金を返すはずだったのですが、病気になってしまい入院しないといけない状況になってしまったのです。そして治療の甲斐なく逝去してしまいました。病床にあっても父は自分の医院のことをとても心配していました。

父には先ほど述べたように借金がありますが、一方父の営んできた医院の建物、敷地という不動産、そして高額の設備などの財産があります。また母と私が住む家も父の財産の1つです。そのため相続すべきか放棄すべきか相談したいです。一度葬式の後に母と兄と話し合いを持ったのですがはっきりとした結論は出せませんでした。

私も兄も医療とは全く無関係の仕事に就いておりますが親戚に医学部を卒業して勤務医をしている人間がおり、もしかすると父の跡を継ぐ形になるかもしれません。そうすると医院の設備なども活きてくると思えます。そのあたりも考慮して名古屋市昭和区で対応する弁護士さんに慎重に検討してもらいたいです。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

名古屋市昭和区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。