このページのTOPへ戻る

福岡市中央区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

福岡市中央区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

福岡市中央区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

福岡市中央区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

福岡市中央区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!福岡市中央区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

福岡市中央区で暮らす父が亡くなりました。父の再婚相手と関係を断ちたいので相続放棄を考えてます。

長年、距離を置いて来た福岡市中央区に住む父が76歳で亡くなりました。

知らせを受け、一応、大人として葬儀に参列する事にしました。

疎遠になった理由は、父が再婚したこと。中学生の時母と離婚し、そのまま新しい人と結婚した父。私は父に引き取られていた為、継母と暮らす毎日でした。

すぐに継母と父の間に子供が生まれ、その後は家に居づらくなり家を出て行ったのでした。その為葬儀が終わればすぐに帰ろうと思っていた私だったのですが、継母に残るように言われ、その後相続の話になったのでした。

父が残した財産は福岡市中央区の家と土地。その他、福岡市中央区内で会社経営をしていた為、その会社の株や土地と建物でした。もちろん、現金も多く残していたと思います。それらの話をした上で、会社は、父と継母との間に生まれた子供が引き継いでいる為、そのまま、相続したいと言う事。その他、なんだかややこしい話をしてきた為、その場では何も言わずに一度帰って来たものの、もう今後二度と顔を見たくないと言う気持ちから、相続放棄を考えています。

もちろん、もらえるものは欲しいと言う気持ちもあります。父は私の父でもあり、相続する権利は十分にあると考えられる為です。

しかし、継母の話では、私が受け取る事ができる相続は、ほんの少しの現金だけのようでした。そんなお金をもらって、一生「相続した。」と言われるぐらいなら、一層の事、相続放棄を行い縁を切りたいと考えています。今後は福岡市中央区で対応してくれる弁護士に間に入ってもらい、相続放棄の手続きを進めようと検討中です。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

福岡市中央区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。