このページのTOPへ戻る

中間市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

中間市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

中間市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

中間市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

中間市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!中間市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

兄から相続放棄するよう迫られています

私は、中間市在住の40代の男性会社員です。妻と娘と息子が1人ずついます。6年前に父が亡くなり、父が建てた家に母が一人で住んでいます。母は末期の肺がんに中間市内の病院に入院しておりましたが、危篤状態にあります。持って数日と医者から言われました。

私には、兄が一人いるのですが、その兄には、妻、そして、2人の息子、2人の娘がいます。実は、今この兄に、母の遺産の相続放棄をするように迫られています。

兄とは、もとよりあまり仲が良くはありませんでした。私が末っ子ということもあり、私の方が両親に可愛がられていたと思い込んでいる節があり、何かにつけ、私にぶつかってきました。それでも、母が元気なうちは、母を悲しませることを避けたいという気持ちがあったからか、そこまで大ごとになるようなもめ事はありませんでした。

しかし、今、母が危篤状態になって、兄の私に対する態度は急変しました。私に、母の遺産を相続放棄するように迫ってきたのです。言い分としては、兄は実家のそばに住んでおり、母の具合が悪くなってからは、母の面倒を見てきたのは自分だから、母の遺産を私が相続する権利はないというのです。

もちろん、法的にそんな言い分が通らないことはわかっているとは思います。私も、兄が母の面倒を見てきたというところは認めていたつもりでしたので、遺産をきっちり半分ずつではなく、母の住んでいる家や預貯金についても、兄に多くを譲るつもりでした。

しかし、兄は、私の相続分すべてを放棄しろと言ってきたのです。これには私も納得がいきません。このまま兄と話していても、平行線になると思うので、弁護士に入ってもらいたいのですが、弁護士費用等がいくらかかるのか不安で、弁護士に相談することに踏み切れずにいます。やはりこの状態では、多少費用を捻出しても弁護士に相談した方がいいのでしょうか。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

中間市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。