このページのTOPへ戻る

相続人全員が相続放棄した場合、財産はどうなるの?

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話相談はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

Question

相続人全員が相続放棄した場合、財産はどうなるの?

Answer

民法951条は、「相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は法人とする。」と定めています。

相続人がいない場合、そのままでは財産の帰属主体がなく、宙に浮いた状態になってしまいます。

これでは相続に関する法律関係を処理することができないため、相続財産を法人として権利義務の帰属主体とすることにしたのです。

相続人全員が相続放棄をした場合も、「相続人のあることが明らかでないとき」に含まれます。

法人となった相続財産は、相続財産管理人の管理、処分に委ねられることになります。

相続財産管理人とは?

相続財産管理人は、相続人の捜索、相続財産の管理、債権者に対する弁済などの清算を行うために選任される者をいいます。

法律上は資格の制限はありませんが、弁護士、司法書士といった専門職が選任されるのが一般的です。

選任方法とは?また誰が選任するのか?

利害関係人または検察官の請求により、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。

利害関係人とは、相続財産の帰属について法律上の利害関係を有する者のことで、次のような者が利害関係人に該当します。

相続債権者、相続債務者

債権者は相続財産から弁済を受ける立場にありますが、相続財産の帰属主体がないと権利行使ができないので、利害関係人にあたります。

また、債務者も、相手方がいないと債務の履行ができないので、利害関係人にあたります。

特別縁故者

被相続人と生計を同一にしていた者(内縁の配偶者など)や被相続人の療養看護に勤めた者など被相続人と特別の縁故があった者(特別縁故者といいます)は、相続財産管理人による清算終了後に残った財産の全部または一部を取得することができます。

相続財産管理人による清算が行われることが前提ですので、利害関係人にあたるとされています。

担保権者

相続財産に担保権(抵当権など)を設定している者は、担保権を実行するため、相続財産の帰属主体が必要になるため、利害関係人にあたるとされています。

成年後見人であった者

被相続人の成年後見人であった者は、被相続人の死亡により成年後見人としての職務は終了しますが、残った財産の引継ぎをする必要から、利害関係人にあたるとされています。

相続財産管理人の選任後、財産はどうなるのか?

相続財産管理人が選任されると、その後は相続財産管理人が相続財産を管理します。

ここでいう管理には、保存行為(財産の現状を維持する行為)、利用行為(財産から収益を得る行為)、改良行為(財産の価値を増加させる行為)が含まれます。

また、相続財産管理には、管理権限だけでなく清算(処分)権限も認められます。

相続放棄Q&A一覧へ戻る相続放棄Q&A一覧へ戻る

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。