このページのTOPへ戻る

相模原市中央区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

相模原市中央区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

相模原市中央区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

相模原市中央区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

相模原市中央区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!相模原市中央区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

相模原市中央区で亡くなった父が遺した実家の土地と家は価値が無いものでした。

52歳の会社員です。先月実家である相模原市中央区で暮らしている80歳の父が亡くなりました。母はすでに5年前に他界しています。兄弟は弟(49歳)がひとり、県外に住んでいます。

私も弟も実家からは遠く離れた場所で家庭を持っているので、父は1人暮らしをしていて最後は相模原市中央区内の大学病院で亡くなりました。父の財産は家と土地、そして現金は500万円程度でした。

通常はそのどちらとも弟と半分ずつ相続することになりますが、父は遺言があることがわかりそこには「家と土地を長男である私に、現金は弟に相続させる」と書いてありました。しかし問題はその家と土地は全くの無価値であることです。家は築45年ほど経ち、かなり傷んでいるためただの古家です。そして土地もいわゆる過疎地であり、周辺にポツポツと家はありますがほとんどは空き家ばかりという地域です。不動産屋に問い合わせてみると一応坪1万円ほどの地域ではありますが、売りに出してもここ何年も買い手の見つからない土地なので厳しいということでした。

相模原市中央区の土地は約70坪なので、70万円くらいの価値はあるということにはなりますが、実際売れる見通しはないようです。しかも古家を解体するには安くとも100万円はかかるのでどちらにしてもマイナスです。そのため、いっそのこと相続放棄したいと考えたのですが、放棄して固定資産税の支払いは免れても管理責任は問われると知りました。

空き家のまま放置しておくとそのうち家が崩れはじめ、危険があると判断されたら、やはり解体して空地にするなど管理に責任は負うことになります。弟はのんきなもので、自分が現金を相続できて喜んでいます。弟は現金というプラスの遺産を引き継いだのでその代償に価値のない家と土地というマイナスの遺産も弟に管理してもらいたいのですが、話しても「遺言があるから」と聞く耳をもちません。

遺言を無視して、私が相続を放棄できたら一番良いのですが、遺言はきちんとした形で残されています。なんとか相続を放棄し、現金を相続する弟にすべて管理させたいのですが、調べても方法がわかりません。時間もあまりないので早めに相模原市中央区対応の弁護士さんに相談してみようと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

相模原市中央区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。