このページのTOPへ戻る

横浜市泉区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

横浜市泉区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

横浜市泉区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

横浜市泉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

横浜市泉区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!横浜市泉区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

横浜市泉区で亡くなった父が遺した借金。相続放棄出来ていると思っていたら、債権者から借金の督促が来ました。

私達3人を男手ひとつで育ててくれた父が87歳で他界したのは去年の暮れでした。

横浜市泉区の実家に、農家であった父が隠居していた建物と土地があったのですが、兄弟3人で相続することになりました。

しかし私は都内でサラリーマンをしており、不動産を相続しても手入れや管理ができないことから、地元で暮らしている兄二人にまかせることにしました。司法書士の先生に登記を依頼したのですが、わたしは横浜市泉区までいくことができず、都内から書類のやりとりをしていました。

「土地と家屋については、自分はいらない」とだけ伝えてあったので、相続放棄ができているはずだと思っていました。ところが先月、父の債権者だという人物から連絡があり、私たち兄弟が相続した父の相続債務30万円について、私に10万円を請求してきたのです。私は父に債権者がいたことが驚きでしたが、金額的には払えない額ではありません。司法書士に連絡したところ、私は相続放棄ではなく、持分放棄をしたことになっているとのことでした。

私の言い方が悪かったのでしょうか?確かに相続放棄をするつもりで言ったのです。債権者から請求がきている10万円について、私は払う義務があるのでしょうか?もし義務がないのなら払わずに済ませたいと思っています。何か手続きが必要なのであれば、それもしたいです。今回のことについて、横浜市泉区で対応してくれる弁護士に相談しようと思っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

横浜市泉区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。