このページのTOPへ戻る

座間市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

座間市の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

座間市で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

座間市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

座間市の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!座間市の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

座間市で父が亡くなり、経営していた自営業の借金が遺りましたが、相続放棄するべきか兄弟で意見が分かれています。

私は5人兄弟の長男として生まれました。2つ下の弟をはじめとし、妹が2人、弟が1人います。

結婚後も、長男と言う事で実家のある座間市に住み続け、同居ではないものの、両親の面倒を見て来ました。

座間市に残っているものもいれば、遠方で暮らしている兄弟もいます。

そんな生活を各自で送っている中、父が年齢と共に衰弱し、92歳で亡くなりました。亡くなる前は何度も入退院を繰り返し、その間、私と妻、母の3人で看病してきました。

その後、一通り父を見送る事ができ、一息入れた頃、兄弟の方から相続に関する話が持ちあがったのです。実際、兄弟は、父の晩年をあまり知りません。私が言ってこなかったという事が原因なのですが、父は座間市内で自営業を営んでおり、兄弟は75歳まで働いていました。

しかし、実際、工場の儲けなどはなく、増えて行くのは借金ばかりだったのです。それでも、父の生きがいを奪う事は出来ないと言う母の考えもあり、もともと持っていた土地などを売って、何とか、経営を続けて来ました。それでも、残ってしまう借金。その事を初めて、弟たちに告げる事になったのでした。

私としては、多少の遺産が残っているものの、負の遺産を考えた場合、相続放棄をした方が無難だと考えています。しかし、少しでも可能性があるのなら、借金を背負ってまで相続し、プラスが出るようにしたいと言っている兄弟もいます。

その為、実際どうしたらいいのかと迷っています。一人で悩んでいても時間ばかりが過ぎてしまうため、一度、すべての遺産を持って、座間市対応の弁護士に相談したいと考えています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

座間市で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。