このページのTOPへ戻る

横浜市港北区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALG&Associatesへ

弁護士法人ALG&Associatesロゴ
相続放棄お電話でのご相談番号 相続放棄メールでのお問い合わせ
弁護士法人ALG&Associatesロゴ

電話受付はこちら0120-578-041

メール相談はこちら

横浜市港北区の相続放棄の手続き・ご相談は弁護士法人ALGへ

横浜市港北区で相続に関するこんなお悩みはございませんか?

借金を相続したくない

横浜市港北区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

横浜市港北区の相続放棄の手続きを、すべて弁護士が代理いたします

相続に強い!横浜市港北区の相続放棄は弁護士法人ALGにお任せください

横浜市港北区で亡くなった夫の遺した遺産、私のために娘が相続放棄してくれたのですが、その後遺産の一部を娘のために使ったために相続人が娘に?

私と30年間連れ添った夫が85歳で亡くなった後、娘と私の二人で夫の財産を相続することになりました。

私は横浜市港北区で夫と静かに老後生活を送っており、他県に住む娘も今年で38歳になります。

夫が残した預金は100万円にも満たない額だったのですが、娘はそれを私のために使いたいといってくれました。そこで娘が相続放棄をして、私が預金を相続するということで話がまとまりました。

娘は区役所に相続放棄の申述をしました。遺品整理もおわりほっとしていたのですが、2週間ほどした後、娘から連絡があって、こう言っていました。「ごめんなさい、お母さんのためにとっておいたお父さんの預金なんだけど、急な出費が必要になったから10万円だけ使いたいの」

私は娘がそういうのだからかまわないと思って承諾しました。それがトラブルの元になってしまったのです。そのあと父の相続財産が預金だけでなく、株式も存在していたことがわかりました。どうやって相続すればいいのかわからなかったので近所の司法書士に相談しました。ところがそこで意外なことを言われたのです。

「娘さんは相続を放棄していますが、その後に相続財産を使い込んでいますから、単純承認をしたことになります、ですから相続人は娘さんです」私は意味がよくわからず困ってしまいました。相続人は本当に娘なのでしょうか?もし相続人が私になっているのなら、そのままにしておいてほしいのです。横浜市港北区対応の弁護士に相談しようかどうか迷っています。

上記はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務を負っているため、ホームページ上でご相談内容の詳細を公開することは絶対にありません。弁護士法人ALGは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。安心してご相談ください。

横浜市港北区で相続放棄手続きをご検討の方、まずはお電話ください

弁護士法人ALG&Associatesオフィシャルサイト
いいね!を押したい弁護士ブログ
弁護士法人ALG&Associatesはプライバシーマークを取得しています

弁護士法人ALG&Associatesは、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与される「プライバシーマーク」を取得しています。